子育てをしやすい職場を選ぶ

看護職として働く女性の中には出産後も子育てに取り組みつつ、継続して働いている人が比較的多いと言われている。常勤だと夜勤を伴う事も多く、技術だけでなく肉体的にも精神的にも負担が大きそうなイメージを持ちやすい。しかし、福利厚生などをうまく活用すれば、他業種より子育てとの両立がしやすい事も珍しくないのだ。

例えば、勤務中のみ預ける事のできる託児所や一般の保育園と同じように地域の子供たちも受け入れている保育所が、病院内に併設している事がある。通勤するのと同時に預けられる事から、送迎の手間暇が掛からない事に加えて、万が一の発熱などでも病院に勤務する医師と連携する事ができるため他の保育園などよりメリットがあると言っても過言ではない。また、出産休暇や育児休暇制度がきちんとしている医療機関もあるので、これから結婚や出産を控えている人がそう言った職場を希望する傾向にある。

こう言った女性に嬉しい福利厚生が手厚い理由として、男性よりも女性の方が多い業界である事と、子育てなどをきっかけに離職してしまう人が一定数いる事があげられる。離職せず子育てに取り組む、あるいは再就職を希望する優秀な人材を少しでも多く確保するため、より働きやすい条件を整えようとする傾向にあるのだ。もちろん、医療機関の規模や考え方によって、それらの内容は大きく異なっている。子育てをしつつ働きたいと考えるのであれば、そう言った福利厚生の手厚い職場に勤められるよう、スキルや資格を取得しておく事を意識すると良いだろう。

子育てと仕事を両立させる女性を応援している、おすすめのサイトを紹介しておこう。→(http://fukurikosei.com