職場では福利厚生を利用できるか

結婚して出産しようと考えている女性の看護師にとって魅力的なのが、子育てに関する福利厚生である。出産休暇や育児休暇が十分に取得できるのは、子育てに一時的にであっても専念したいと言う望みを叶えるのに欠かせないものだろう。しかし、ただそれだけの福利厚生を利用するだけでも、ためらってしまうような職場で働いている看護師もいる。

看護師の人口があまりに少なくて困っている職場で働いていると、たった一人の欠員が出るだけで大変になってしまう事は否めない。普段から忙殺されるような日々を送っていると、自分が欠けた事によって他の人に掛かる負担が大きくなるのが気に掛かってしまうのである。常に看護師を募集していても集まってこないと言う状況になっていると、自分が抜けた時に穴埋めをしてくれる人を一時的に雇える可能性も低いだろう。

それが原因で、出産休暇や育児休暇を取得するのをためらってしまうのである。もしそれらを取得して時間に余裕が生まれた頃に復職しても、合わせる顔がないと感じてしまって退職を選ぶと言う結論に至る事も良くある。また、そのためらいから、妊娠するのを避けて通る事もあるかもしれない。このような状況に陥らないために大切なのは、出産休暇や育児休暇を取得する慣習がある現場を選ぶ事である。子育てのために欠員が出るのは当然だと言う方針で、誰もが気軽に休暇を取得すると言う慣習があるとためらいを持つ事はなくなる。福利厚生は活用できなければ意味がないので注意しておくと良い。