働き方で分かれる福利厚生

子育てをする予定がある看護師は、常勤で働くのをためらいがちになる傾向がある。勤務時間が長くて、夜勤や土日出勤などもある医療施設や介護施設などで働いた経験がある看護師ほど悩んでしまう事が多く、シフト制で働けるパートを選ぶと言う事は少なくない。自分の都合に合わせてシフトを入れれば良いため、子育てをしながらでも働けるだろうと考えているのである。

しかし、出産する前にパートを始めた人の多くは、退職してしまって続けられない事が多い。福利厚生の面では常勤の方が優れているのが通常であり、育児休暇や院内託児所、保育園の紹介などのサービスを受けられない場合が良くあるのである。育児休暇が取れないとなると、女性は退職を余儀なくされてしまうだろう。すると、その後になって時間に余裕が生まれてきても、すぐにパートで働こうとはなりにくくなってしまい、十分に仕事に時間が取れるようになってから働き方を考えるようになる場合が多いのである。

常勤の方がパートよりも福利厚生の面では良い事が多いのは確かだが、パートであっても常勤と同様の待遇を受けられる職場もある事は知っておくと良いだろう。一定以上の勤務時間や勤務日数を要求される場合はあるものの、育児休暇を含めた福利厚生を常勤と同じように与えている職場もある。このような職場を予め選んでおけばタイミングを見計らってパートで働きつつ、子育てを行うと言う働き方を実現できるだろう。子育てのためにパートで働く事を選ぶなら、覚えておきたい点である。